ベルタプエラリア 副作用

MENU

ベルタプエラリアの副作用に要注意|生理不順などを避けるために

 

 

ベルタプエラリアの副作用について、症状、対象年齢、飲んではいけない人、の3つの観点から解説していきます。

 

 

症状

 

ベルタプエラリアで気を付けなくてはいけない副作用は、プエラリアミリフィカに起因する副作用です。

 

え?プエラリアミリフィカってバストアップに役立つ成分なんじゃないの?

 

はい、そうです、しかし、飲み方によっては、逆に体に悪影響を及ぼします。

 

 

プエラリアミリフィカの飲み方を間違えると発生する副作用は以下のような症状です。

 

生理不順

肌荒れ

ニキビ

胃の不快感

乳ガンの拡大

子宮筋腫の増大

 

 

これらは、

 

@「生理不順」
A「肌荒れ」「ニキビ」「胃の不快感」
B「乳がんの拡大」「子宮筋腫の拡大」

 

の3種類に分類することができます。

 

 

1.生理不順

 

バストアップ人気ランキング

プエラリアサプリメントを購入する際に一番不安なのは、「生理が遅れた」、「生理が来ない」、「不正出血があった」などの副作用だと思います。

 

プエラリアミリフィカは、強いエストロゲン(女性ホルモンの一種)の性質を持った成分を含有しているため、

 

生理周期の中で、エストロゲンが強くあるべき時期にのみ飲むことで副作用の危険性を極力下げることができます。

 

 

ベルタプエラリアの飲み方についてはコチラ

 

 

 

2.「肌荒れ」「ニキビ」「胃の不快感」

 

バストアップ人気ランキング

この3つの副作用については、単にサプリメントの摂取のしすぎという可能性が高いため、飲む量を控えめにすることでおさまるでしょう。

 

飲む量を抑えても解消されなければ、一度お医者さんに診てもらった方が治りが早いかもしれませんね。

 

 

プエラリアに関しては、乳がんや子宮筋腫という副作用も一部では謳われていますが、これはすでに罹患している人に対して進行を早めることになるだけですので、該当する人は飲むのを控えるようにしましょう。

 

 

3.「乳がんの拡大」「子宮筋腫の拡大」

 

乳がんと子宮筋腫については、プエラリアを飲むことで症状が悪化するということが、ベルタプエラリアではないですが、他のサプリメントで発生しています。

 

そのため、乳がんや子宮筋腫を抱えている人はそもそも飲むべきでないですが、そういう症状を抱えていない人は、心配する必要はありませんね。

 

 

 

対象年齢

 

バストアップ人気ランキング

ベルタプエラリアは、20歳以降の方が飲むことを推奨しています。

 

18歳くらいまでは体内で女性ホルモンの分泌が活発であり、その時期に外部からプエラリアミリフィカ(女性ホルモンの働きをする成分を含有する食品)を摂取すると、

 

体内で女性ホルモンを分泌する力が衰えることになるため、からだにとっては逆効果になってしまいます。

 

20歳未満の方はむしろ、生活習慣を見直し、しっかりした睡眠を取り、栄養バランスの取れた食事をし、適度な運動をすることで、少なからずバストアップに良い効果を与えるでしう。

 

 

飲んではいけない人

 

先ほどの「症状」の項目でも述べましたが、「乳がん」「子宮筋腫」を持ち合わせている人は症状を助長する可能性が高いため、飲むことはおすすめできません。

 

 

また胎児・乳児への影響が計り知れないため、妊娠中の方や授乳中の方も摂取は避けたほうがいいでしょうね。

 

 

 

ベルタプエラリアが売れている理由をこちらでチェック

 

効果の有るバストアップサプリを選ぶ5つのポイント トップページへ

 

 

 

 

関連ページ

ベルタプエラリアは効果ない?|品質にこだわるバストアップサプリ
ベルタプエラリアは効果ない?プエラリアサプリとしては最高水準のものを使っていますよ。その理由とは?こちらでその秘密を公開しています。
ベルタプエラリアの飲み方|安全にかつ効果的に飲む3つのポイント
ベルタプエラリアの飲み方について解説します。ベルタプエラリアを安全にかつ効果的に飲む3つのポイントをお知らせします。
ベルタプエラリアの通販購入ならココがいろいろお得だよ〜。
ベルタプエラリアを通販で購入するなら、こちらで紹介するお店がお得ですよ。なぜお得なのかも含め、「損したくない!」と思うなら、こちらをチェック。
ベルタプエラリアの口コミ|利用者だけが知っている使用感
ベルタプエラリアの口コミが気になる!と思い、いろいろな媒体からベルタプエラリアの口コミを集めてみました。ベルタプエラリアの口コミ・評判が気になる方はコチラをチェック。