胸を大きくする方法 豆乳

MENU

豆乳で胸は大きくなるのか?|胸を大きくする方法

 

バストアップサプリ

豆乳で胸が大きくなると信じて、どのタイミングでどのくらい豆乳を飲めばいいのか、その情報を探している女性に残念なお知らせです。

 

 

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンの一種でバストアップに効果のあるエストロゲン(卵胞ホルモン)と似た性質を持つため、しっかりした量を継続摂取していれば、胸を大きくすることができると考えられています。

 

 

しかし実際には、豆乳を飲んで胸を大きくした女性はいません。

 

 

いや、豆乳を飲んでいる女性で胸が大きくなった人がいるかもしれませんが、実は豆乳以外の理由で胸が大きくなっているだけなのです。

 

 

なぜ豆乳を飲んでもバストアップしないのか、こちらでわかりやすく解説していきます。

 

詳しく教えるね

 

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、胸を大きくする女性ホルモンのエストロゲンの1000分の1の強さしかなく、その差を埋めるには1日何百杯も飲まなくてはなりません。

 

 

厚生労働省(※)によると、大豆イソフラボンの安全な一日摂取目安量の上限値は、70〜75 r/日となっています。
(※:厚生労働省の食品安全委員会による報告書「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の 安全性評価の基本的な考え方」(2006年P.45))

 

 

豆乳1杯200ミリリットルで約50mg摂取できるので、上限値を超えないためには、300ミリリットル、すなわち1杯半までしか飲むことができません。

 

サイト

 

情報サイトによっては、無調整豆乳がいいのか、調整豆乳がいいのかの議論を展開しているものもありますが、そもそもの話、胸に効果が出るほど多くの豆乳を飲み続けることができないのです。

 

 

食品で胸を大きくするのであれば、平山綾が実践したキャベツ1日1玉がオススメです。

 

 

それが難しいと感じる人は、大豆イソフラボンの数千倍の強さを持つプエラリアのサプリか、バストアップマッサージ、またはその両方を実践することでいち早く胸を大きくすることができるでしょう。

 

 

 

関連ページ

プエラリアサプリの摂取には生理周期の知識が欠かせない

 

胸の大きさは遺伝で決まる?|親が貧乳だからという考えはもう古い

 

胸が小さい原因はこの4つ|おっぱいが小さいのはきっかけがないだけ

 

 

 

 

その他のテーマ

バストアップサプリおすすめランキング|売れ筋のサプリはコレ!

 

バストアップマッサージの方法・やり方

 

豊胸手術の種類|決定版!イチからわかる豊胸手術

 

 

 

 

効果のあるバストアップサプリ 5つのポイントトップページへ